格闘家は一人遊びが苦手

たとえば、地球に初めて来たエイリアンに「豚の角煮」のことを説明するとしたら、どうやって言う?「歌手」の雰囲気とか、ううん、まずは地球のについての説明から始めるかもね。
トップページ >
ページの先頭へ

ひんやりした金曜の午前はこっそりと

今晩は一家そろって外食なので、少年は学校から帰るときからワクワクしていた。
何を食べようかな、と出発前からいろいろと思案していた。
カレーやオムレツ、ポテトフライやから揚げ、などなど、メニュー表にはどんな物があるのかと想像していた。
行く場所は近所にあるレストラン。
お父さんの運転する車は、もうじきお店の駐車場に着く頃だ。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉さんは少年の隣で、女性誌を読んでいる。
少年は車から飛び降りると、ワクワクしながら、入り口のドアを真っ先に開けた。

夢中で歌う子供と暑い日差し
江國香織の話に出てくる女の人は、陰と陽を潜めていると思う。
旦那さん以外との恋愛を肯定化する。
だけど、本当に大切に思っているのは旦那さんだけのただ一人。
というヒロインがよく登場するような気がします。
不貞行為を陰だと思えば、本命は陽。
突然スイッチが入ったように陰が出てくる。
結婚以外での恋愛に関する善悪の定義は置いておいて、そのストーリーの女性を見つめる。
自分の中に新しい恋や見方が登場することもある。

具合悪そうに熱弁する兄さんと冷めた夕飯

普段、できるだけシンプルなファッションが好きな私は、大変ビビられるけど。
靴下や化粧品やヘアーアクセサリーまで勢ぞろいで、全部身につけたいと考えれば節約生活になりそうだ。
それでも、ジル・スチュアートは辞められない。

のめり込んで泳ぐ彼女と俺
釣りの師匠が此の程フカセ釣りに出向いたらしいが、ちょっとしかかからなかったらしい。
雑魚がそこらじゅういて、チヌ釣りが難しかったらしい。
けれども大物のの40cmサイズがあげれたらしいから、いいなと思う。
何年か前にもらってすぐに口にしたが非常に好みだった。
大物でおいしい魚がきてると知ったら釣りに出かけたくなるが、すぐには行けないので今度だ。

気どりながら大声を出すあいつと暑い日差し

子供のころよりNHKを視聴することが大変増えた。
昔は、親や祖母が見ていたら、NHK以外の映像が見たいのにと考えていたが、ここ最近は、NHKが嫌ではない。
楽しい番組がすごく少ないと思っていたけれど、近頃は、若者向きの番組も多いと思う。
そして私が、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
それから、暴力的でないものや娘に悪い影響が大変少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる今は見やすい。
民放では、アンパンマンでさえ非常に暴力的だと思える。
毎週殴って終わりだから、子供も私を殴るようになってしまった。

のめり込んでお喋りする先生と季節はずれの雪
服屋さんって大変・・・と思うのは私だけだろうか。
勤務中、完璧に着飾らないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で仕事する時はスーツ着るといいし、メイクだって簡単でOKとされる。
休日も、自分で満足する格好をすればいいし、家で何かをするときはスウェットでもできる。
なので、おそらく、ファッションにかかわる商売には、関われない。
服を買おうとしていると、店員さんが話しかけてきて服の説明やコーディネイトを教えてくれる。
毎回それに固まってしまい、その場から去ってしまう。
こういった部分も、店員さんって務まらなさそうと思う事の大きい理由の一つだ。

自信を持って話す兄弟と横殴りの雪

定期的な診断は、毎回なぜか引っかかる。
脈だったり、血液検査だったり、胃だったり。
胃のレントゲンを発泡剤とバリウムを飲んで受けてみて、診断結果がくると、胃がんの疑念が存在して、即時に、胃カメラを表に記載の病院にて受けてください。
と記載してあったのには、あせった。
あせったそれに加えておそろしかった。
早急に国立病院に診断されに車で行ったら、結局、胃炎だった。
胃はすでにズキズキしていたので、集団検診に引っ掛かったのはわかるが、文字で名前と胃がんの疑いが存在すると記されてあったらぞっとした。

月が見える土曜の深夜に散歩を
寝る前に、グラスビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近はビールの後にワインも飲んでいる。
もちろん、その後に誰かと会うような仕事をしないときに限るけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、マンションの近くで酒屋を発見して、父の日も近かったので買ってみた。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円のワインを探しています」などと話して。
父にプレゼントした、そのワインが一万円することをついに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他に感想は特にはなかった。
このことから、私はあまりワインの値段にはこだわらなくなった。
あー最高だと思える時間の友だったら、値段や質にはこだわらないと決めた。

ゆったりと走る母さんと気の抜けたコーラ

明日香は、学校で一番に仲良しになった親友だ。
明日香ちゃんの良い部分は、受け入れの幅が広くて、細かい事は気にもしていないところ。
私の方から、親しくなりたいと言ったそうだが、さっぱり覚えていない。
遊びに行くと、ほとんどの事が単純化されるので、凄く楽に生きれる。
引き締まっていてスキニーなのに深夜にハンバーガーを注文しに車を走らせたりするという。

気分良く自転車をこぐ兄弟と冷たい雨
季節の中で、梅雨の時期がお気に入りだ。
空気は湿度が上がり外に出れば濡れてしまうけれど。
理由として、子どもの頃、この時期に見られるアジサイが可憐で、それ以来紫陽花が咲くのを楽しみにしている。
九州長崎の出島で付き合っていた、シーボルトとお瀧さんの紫陽花の中での逢瀬をご存じだろうか。
オランダ人に紛れ込んで来日した、医師のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と話した。
雨に打たれながら可憐に咲くあじさいを目にして何回も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
しだいに訛ってしまいあじさいは「おたくさ」という別の名を持つようになったという。

サイト内メニュー

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 格闘家は一人遊びが苦手 All rights reserved.